marushin spa site contents

天空のアジト マルシンスパ

マルシンスパのロウリュについて

ロウリュ【Loyly】とは、サウナの発祥の地、
サウナの本場フィンランドの言葉です。

サウナストーブにある石(サウナストーン)に水をかけ、そこから立ち上る蒸気を浴びる蒸気浴のことをロウリュと言い、ロウリュには森の魂が宿る神聖なものと考えられています。

フィンランドではまだ電気ストーブがない時代からサウナ室の中で火を使って石を焼き、その石に水をかけて蒸気浴を楽しんでいました。 日本人が風呂好きであるのと同じように、寒いフィンランドの人たちは昔から大のサウナ好きで、各家庭に小さなサウナを持ち、ロウリュを楽しんでいます。 サウナ室の中でお酒を飲み交わしたり、昔は女性がサウナの中で出産し、老人はサウナの中で死を迎えるというくらい、サウナが人生に密着したものとなっていました。

日本で現在最も多く普及しているサウナは、「高温ドライサウナ」と呼ばれるタイプで、摂氏100℃前後の温度設定で、湿度がほとんどない、つまり水がない状態です。

100℃ですから、大変熱く、しっかり汗をかくことができますが、例えば鼻から息を吸うと鼻の穴が火傷しそうに熱かったり、女性の場合はお肌や髪の毛を痛めてしまうのではないかと心配になるくらい、 過酷な環境の中で我慢して入るものとなっており、それでもサウナ大好きという方もいらっしゃいますが、一方でサウナが苦手と考えている人も少なくありません。

本来サウナとは、そこまで温度を上げなくてもしっかり発汗し、身体を温めることができるものであり、フィンランド式の加湿型サウナの考え方をとり入れている施設もあります。

フィンランド式のロウリュは、水蒸気を浴びて、目を閉じながらじっくりと静かにロウリュを楽しみます。

サウナ室の体感温度は気温×湿度×遠赤外線×水蒸気×気流といった要素で変わりますので、摂氏80度くらいの中温でも湿度が高まると充分に熱く感じ、汗をかくことができます。

一方、タオルで仰ぐのはドイツ式で、ドイツ語では『アウフグース』と呼ばれます。ドイツには日本以上に商業施設としてのサウナが普及しており、イベント的にロウリュを楽しむ習慣があります。

日本独自の表現で、熱波とも呼ばれています。

マルシンスパでは、一定時間ごとに静かに注水するフィンランド式と、イベントとして楽しんでいただくドイツ式の両方をご体験いただくことができます。

(参考:日本全国ロウリュ事典

マルシンスパからのお知らせ